インナードライ肌の改善方法

2016-09-05_171925

インナードライ肌とは、肌の内側の水分が極端に少なくて逆に油分が過剰に分泌されている、水分と油分のバランスがとても悪い状態の肌を指します。一見すると肌がテカっていてオイリー肌に見えることが多く、自分がインナードライ肌かどうか、見た目だけではわからないこともあります。また、思春期の頃オイリー肌だった人が、そのまま同じスキンケアを続けていると大人になった時、インナードライ肌になってしまうこともあります。水分と油分のバランスを整え、ノーマル肌に近づけるにはどうすれば良いのでしょうか。改善方法として2つご紹介します。

まずは、洗い過ぎないこと。インナードライ肌にとってはとても大切なことです。なぜなら、表面上油分が多くしっかり汚れを落とさないといけないと思い、洗浄力の強いクレンジングや洗顔料を使うことが逆効果になるからです。必要な潤いや水分までも洗い流してしまうことになるので、インナードライの症状が余計に進んでしまいます。クリームタイプやミルクタイプのクレンジングや刺激の強くない洗顔料を使い、優しく丁寧に、ぬるま湯で顔を洗うことを徹底しましょう。

次に、水分を抱え込む力を強めることです。インナードライ肌とは、いくら化粧水で水分をたっぷり与えようと、すぐに蒸発してしまうもの。水分を肌に抱え込んでおく力がとても弱いのです。そのため、乳液やクリームなど、与えた水分をきちんと閉じ込めておくスキンケアを心がける必要があります。

この2つは基本中の基本のようですが、徹底して続けていくと徐々に分泌される油分の量も減り、インナードライの傾向が改善してきます。必ずしも特別なことをする必要はないため、日々のスキンケアを丁寧することを意識しましょう。

アトピー用化粧水オージュンヌの効果・口コミ

スキンケア化粧品はやっぱり良いものを使おう

出産をしてから一年が経った現在の出来事。妊娠前は、化粧ののりも良く特に高価な化粧品じゃなく安い化粧品を使っていました。当時はなんのこだわりもなく、ただ見栄えの問題と思っていましたが、出産して知った現実。

肌はわりかし綺麗な方だったのですが、目の下にシミが。これを見たときのショックと絶望で言葉を失いました。

それからは、デパートへ行き今まで買ったことがないような美容液から化粧品を買ってきました。店員の方にアドバイスをもらいながら、スキンケアの仕方、私にあった化粧の仕方を教わりました。

すると効果があったようで前までの肌は、カサカサで疲れ切っている感じ(笑)でしたが今は潤いが出てきました。なので、化粧ののりもよくオシャレをする楽しさをまた思い出させてもらいました。

私は妊娠線が出来ないようにクリームを塗っていましたが二つ出来てしまいました。出来てしまったものはしょうがないと思い、もう諦めかけてしまっていましたが顔のスキンケアをしていくとやはり体全体を綺麗にしていきたいと思うようになり消えることはない痕ですが、なるべくは目立たないように妊娠線 消すクリームや薬局に売っている傷の痕が薄くなるという薬を塗ったりしています。

改めて体のスキンケアは大切だなと思いました。

子ども優先、時間がないママのスキンケア

2016-08-10_133306

まだ子どもがいないときの私のスキンケアは、顔には化粧水、美容液、たまにパック、体にはボディクリームを塗る、というように入浴後の時間を自分自身にたっぷり使っていました。

当時は時間をたっぷり使っているという認識もなかったのですが・・。子どもが生まれてからは自分の時間が削られて削られて、最低限のことしかできなくなりました。

里帰りで実家にいる間は子どもと一緒にお風呂に入る、終わると子どもだけ母に預けて服を着せてもらう、その間に私が体を洗って出てくるという流れだったのですが、私がお風呂からあがると子どもが泣いている声が聞こえるのです。するともうササッと着替えて、スキンケアといえば化粧水をパパッとつけて出てくるだけになってしまいます。ゆっくりボディクリームを塗る時間も髪を乾かす余裕さえありません(泣)その時間を家族にお願いすれば良いのかもしれませんが、やっぱり赤ちゃんの泣いている声を聞くとすぐ行かなきゃと思うのです。

実家を離れ、主人と子どもと3人の生活になるとますます自分の時間はなくなりました。主人は仕事で帰りが遅いので、子どもと一緒にお風呂に入り、あがったら子どもの着替えが待っています。夏はまだ少しの間裸にしておいても問題ないのですが、冬はすぐに服を着せてあげないといけないので自分のことは後回しです。子どものことをしていたら、自分の体は冷えるわ、顔は乾燥してカサカサになるわで大変です。

早く自分のスキンケアをしたいのですが、やはり子ども優先になるのは仕方ないことかもしれません。なので、最近は浴室でスキンケアができないかと思っています。化粧水等を浴室に持ち込んでおけば、まだ温かいところで手短にスキンケアできるのではないかと。

今度寒くなって来たら試してみようと思っています。

古い角質を取り除くにはフルーツ酸がおすすめ

メイクのノリが悪い、化粧水の浸透が悪いなど肌のお悩みをお持ちの方が多いのではないでしょうか?

実は、これらのお悩みはお肌に古い角質が残っている状態なのです。

お肌に古い角質が残ったままだと肌がごわついたりして、化粧水の浸透が悪くなりさらに肌トラブルの原因となってしまいます。

そんな時にはフルーツ酸が配合された洗顔料がおすすめです。

フルーツ酸は主にリンゴなどから抽出されるものが有名で角質を柔らかくし除去してくれる効果があるといわれています。

角質を柔らかくして取り除くことをピーリングと言いますが、フルーツ酸を使用したピーリングは薬品を使わないので安全性を兼ね備えた角質ケアなのです。

2016-08-03_105032

フルーツ酸でお肌をピーリングすることで、お肌にこびりついた古い角質層をしっかり取り除くことができるので、化粧水の浸透も良くなるのでお肌のターンオーバーの乱れを良い状態に戻すことができます。

また、フルーツ酸は顔だけではなく全身に使用することができますので、ひざやひじのざらつき、かかとまでつるんときれいにピーリングしてくれます。

さらに、お肌のくすみを取り除いてくれるため、赤ちゃんのようなすべすべ肌へ生まれ変わることができます。

フルーツ酸は人によっては刺激が強いという方もいらっしゃいます。

最近では敏感肌用のフルーツ酸入り洗顔料や石鹸なども販売されていますのでこちらを利用するとよいでしょう。

また、フルーツ酸でピーリングした後はしっかりと保湿させることできれいな肌を実現することができます。

忘れてはいけない首のダメージケア

2016-08-03_104639

ヘアやメイク、ムダ毛処理やファッション。

女性にはケアしなければならないことがいっぱいです。

中でもお肌のケアは、年齢問わず欠かせないものです。

お肌のケア、顔や手、そして足をやって満足していませんか?

首です。

首のお肌のケアも忘れていはいけないのです。

顔と同じくらい紫外線を受けるし、湿度や気温の変化にもさらされるし、ニキビや傷、虫刺されなどの肌荒れもできやすい場所です。

衣服で保護されている部分のお肌より、何倍もケアをしなければならないのに、何もしていないという人も多いのではないでしょうか。

私もつい最近「年齢は首元に出る」という話を耳にして、慌ててケアをし始めました。

首は顔とつながっているので、化粧水や乳液、クリームを顔のついでにそのまま使うのも良いでしょう。

でも、私は首専用のスキンケアを買いました。

と言っても特別なものではありません。

顔に使っている化粧水はちょっと高級なので、首に使うのはもったいないのです。

その代り、たっぷりと贅沢に付けています。日焼け止め入りの乳液に下地、ファンデーションという顔の肌に対して、首は日焼け止めをに塗る程度。

素肌をカバーしている厚さとしては、薄いです。

汗をかいたり、衣服の襟元と擦れたりすることも多いので、いつの間にか取れてしまっていることも多いです。

紫外線による肌ダメージは、首元を一気に老けさせます。

そこで首におこなうスキンケアは、美白効果のあるものにしています。

首元のケア、大切です。

おすすめ!ヒルドイドを使ったスキンケア、メイクについて

オススメのスキンケアをご紹介します。

最近ネットでも調べるとかなり出てくるのですが病院で処方箋を頂いて薬局でもらえるヒルドイドという保湿剤がとても便利です。

全身に使用でき、乾燥部分に塗るだけです!

顔に塗る場合、化粧水→乳液→ヒルドイドの順番で塗るだけです。

2016-08-03_104004

ヒルドイドでもローションタイプ、チューブタイプのクリームのものなどいろいろあります!乾燥によるシワ、たるみなどにも効くそうで病院の医師も推奨しているほどだそうです。

私も使用しているのですが、昔からお尻のパンツラインにできる黒ずみ、乾燥が気になっていたのですが使い始めてから乾燥もなくなり黒ずみも気持ち薄くなってきたように感じます。

もちろん足などの乾燥にも使用できるので是非乾燥が気になっているのでヒルドイドを処方していただきたいと皮膚科で伝えれば処方していただけます。

是非お試し頂きたいです。

そしてメイクについて。

最近のメイクの流行りとして以前までは太眉、困り眉が流行っていましたが最近はナチュラルな自然な眉毛がはやりになっています。

しかしナチュラルといってまゆげを生やしっぱなしにしてボサボサにするといまいちぼやっとした顔になってしまいます。

そこでオススメしたいのが眉毛はあまり剃らずに素材をいかしその眉毛を体のムダ毛用ブリーチでブリーチするのです。眉毛にのせ、10分くらいおいてから流すと眉毛の色が茶色になります。

2016-08-03_104231

それに、ポンポンと軽くアイブローをのせるだけです!かなりブリーチするのとしないのだと雰囲気がかわるので騙されたと思って是非お試しください!